春の茶事教室

  年が改まり、「初釜」のお招ばれや、わが“結”の初釜にてんてんこ舞いしたのは、ついこの間、と思えるのに、早くも桜の季節の準備です。

 “結”での茶事教室は、裏千家・飯島宗章先生のご指南で、4年近い稽古を積んで来ました。

 その間、しっかり続けてくださっている方々もあり、又、お集まりのメンバーの中には、種々の事情でお越し頂けなくなった方もいらっしゃいます。が、変わらないのは先生の茶事への情熱と、それを慕って稽古を続ける方たちの、楽しそうな姿です。

 いろいろなお茶事をして頂きました。「花見」・「初風炉」・「名水」・「雨乞い」・
「名残り」・「口切」・・
 中でも印象深いのは「夜咄」と「除夜釜」でしょうか。

 本当に大変なご努力で、まことに珍しい経験をさせて頂きました。

 次の催しは 2012.7月8日。

 どうぞ、参加の「約束事」など、お問い合わせください。

 なかなか経験することの出来ない「茶事」ですが、心を
合わせて一座しよう、とお思い下さる方の、お問い合わせを
お待ちしています。

 →お問い合わせはこちらまで


関連する記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

倖三の本

こちらもどうぞ

ブログ内を検索

モバイル版はこちら

qrcode