お京さんの茶事デビュー

  (今回は女房が書きたいというので・・・)


思えば飛んでもないことを考えたものです。

 

そりゃあ、裏千家・飯島宗章先生のお茶事の裏方・女中をさせて頂いて4年半になります。

自分の先生が年3回教えて下さるお茶事で、半東と亭主を1度づつ勤めさせて頂きました。

(入門からの年数の短い者に、こうした勉強をさせて下さる先生の有難さ!)

亡母がそれは熱心に茶事をしておりましたから、やや「門前の小僧」ではありました。

 

だからと言って「自分で茶事をしよう」あまつさえ「先生とお稽古の仲間にお客になって頂こう」だなんて。お茶の世界の常識からいえば“10年、いや20年早い”んです。


 しかし。私は茶事に魅せられたのが遅すぎた。母が唯々茶事がやりたくて、粉骨砕身の努力をしているのを、見ているだけの不肖の娘。それが不思議なものですねぇ、50代も終わりになる頃からその魅力・魔力に捕えられてしまったのです。茶事にはとにかく体力が要る。夫の造る見事な「懐石」なくしては、とても私の茶事は態を成さないのですが、ほぼ同年の夫の体力だって無限ではない。こんな楽しみが後何年楽しめるだろう、という思いは切実でした。

 

私の先生のお稽古場は、先生のお腕とお人柄の素晴らしさに加えて、先輩方がお優しい。悩んでいる私の背中を「やってごらんなさいよぉ」と、ポンッと押して下さった。1年あまりの逡巡が吹っ切れて、私は清水の舞台から飛んだのです! 2013年 4月6日のこと。

 

以下、夫の弟子“トラちゃん”こと車 匡史クン撮影の写真を添えて、のご報告。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*寄付  「春風花自開」 の色紙

 

 さぁ、ここに出す莨盆の火入れ。これが私には大変でして。タイミング                  と
灰の筋が・・ 今回は熟練の先輩が半東を勤めて下さり、はぁ、という間に 出来ました。


 *露地草履はちゃんと並んでるかな? これは自分で出来ました。


 *蹲  前日から気合を入れて掃除。しかし「三露」の間合いの難しさ。

    皆さん、厳かに手と口を漱いで・・・


 *席入り  ・・・どうやら席も定まった様子。 いざ出番!

     

 するすると障子を開けて。正客を勤めて下さる先生の「どうぞお入りを」で
席に入る。心づもりした挨拶が、どこへ隠れたのか思うように口に上らない。

(参るなぁ)先生の見事なお正客ぶりに見とれて。(今は見とれてる場合じゃぁないだろうが) 

 今回は「前茶」なので濃茶を。 練るのは盟友・あきよちゃん。

彼女は私よりしっかりしていて、悠々と美味しい(はずの)濃茶を練って    くれる。


  ・・・  ここで中立ち。・・・・

 

* しばらくして。喚鐘を打つのだが、担当した者、なかなか狙った
   箇所に撞木(しゅもく・鐘をたたくもの)が
当たらない。
   これも打つ人をしっかり決めて、事前に実地の練習をしておかねば、   と
反省点。

 

* 炭点前の後、懐石が始ります。

�まず「折敷」と呼ばれるお膳に「四つ椀」と下の写真の「向付(むこう
 づけ)」に利休箸が添えられて供される。

京子先生茶事ー向附
「鰹に酒盗ダレ・花小松菜を添えて」

� 燗鍋(酒)が出ます

� 懐石の華・「煮物椀」

京子先生茶事ー椀物

 桜麩 海老真薯射込 こごみ 空豆 木の芽

� 焼物

京子先生茶事ー焼物

かます菜種焼 甘酢みょうが添

�進鉢

京子先生茶事ー進鉢

 

 新筍の土佐煮 車海老の旨煮 独活・わらび

� 強肴 1.

京子先生茶事ー強肴1


 まぐろのぬた

� 強肴 2.

京子先生茶事ー強肴2


 桜道明寺蒸し

これらが出るまでに、二度目のご飯や味噌汁のお替えが出たり、燗鍋(酒)
がもう一度など、いろいろの手順がございます。そして・・・

� 八寸  (料理人が「煮物椀」と並んで、目の楽しみに腕をふるう!)
京子先生茶事ー八寸

 蒸しあわび 蕗の薹

「八寸」が出ますと亭主と客が、これを肴に盃の献酬を楽しむ「千鳥の盃」
が始まり、懐石のクライマックスを迎えます。

そしてこの「盃ごと」が終わりますと、熱い湯に焼き米を放したものが
運ばれ、客は同時に供される「香の物」を相手に、飯椀をこの湯で濯ぐようにして頂きます。

最後に膳を下げた時には、最早洗う必要もないかな、と思うほどきれいに
ふき取られた器から、懐石の作法が、禅寺の雲水の暮らしぶりにその基を
持っていることが思い起こされます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラちゃんの写真撮影は、「料理仕上がり」・・「運びますヨ!」という
半東さんの声に急かされての緊迫の中で行われます。 従って「あぁ、箸が
も一つ揃ってない!」とか、「撮影状況をもっと整えたかったのに」・・
とか、うらみ言があちこちから聞こえてきます。

しかし、茶事全体もそうですが、特に懐石の裏方の時間との戦い、手順を
研ぎ澄ましておかねばならない緊迫の雰囲気を、汲み取って頂けたら嬉しい
です。

こんなこと、もう二度と出来ないんじゃないかと思うほどの緊張と、後に
どっと出る疲れ。しかし、その波が引いていくと、「次は朝茶をやって
みたいわねぇ」なんて、同志ともいうべき仲間たちと、思いもかけない
会話を交わしている自分が居ます。

本当にお茶というものには深い魅力があるのです。







 






関連する記事

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

倖三の本

こちらもどうぞ

ブログ内を検索

モバイル版はこちら

qrcode