俳句 始めませんか?

 私が俳句に手を染めたのは、もう随分古い話になります。

このHPにも宣伝を載せていますが、拙著「包丁人の季語日記」にも書きました。
料理人には「季語」は、欠くことの出来ない素養であった、というのが始まりです。

 しかし、現在の私の俳句との関わりは、そこから大発展して、大事な趣味又、生活の一部になっています。
 というのも、俳句結社「扉」の創刊主宰・土生重次先生に出会い、親しくご指導を頂いたご縁から、もう二十数年も「扉」の仲間と俳句を楽しんで来たからです。

 現在は「扉」のいくつかある部会のうち、主として東京句会に
出席・所属して活動しています。
毎月の投句締切日は、女房共々「ウンウン」唸って(なかなか、思うような句が出て来ない!)いる有様で、ようよう投函して来た暁には「おぉ、借金返した気分だ」何ぞと言い合っている、何年経っても進化の遅い者どもではあります。

 しかし、こう言いながら、この「苦吟」もまた、楽しからずや、なのが俳句の魅力・魔力なのでございます。

 それで、2-3年前からわが“結”でも、月に一度の「俳句勉強会」を始めました。
最大の理由は、大勢の集まる句会では、なかなか聞けない細かい点での疑問に答えて下さる先輩を迎えて、ご指導を仰ごうということ。 次には、何にしろ同好の士が集まってする
「句会」を増やすことで、何句でもあれ句を作ろうよ、という考えでの勉強会です。

 ここで「足慣らし」した人々を、「扉」にお連れする準備機関でもあります。

という訳で、まったくの初心者・大歓迎の勉強会ですので、是非一度、遊びにいらして下さい。

 参加費は2,000円。 私・倖三の大鉢料理をつまみながらの、楽しい会です。

 「俳句始めませんか?」 とお誘いすると、10人中8.5人までが「私にはそんな才能はありません」と仰るンですよ。

 いやはや、飛んでもないことでして。大俳人になろうには、そりゃあ、「才能」が問題になるかも知れません。 しかし、我々のように、唯、四季の移ろいに敏感になり、(季節を何倍も楽しめす!)、楽しく酒を酌みながら、共通の話題で切磋琢磨する仲間を持ちたい、
そんな素朴な願いなら、才能は話題にはならないのです。

 どうぞ、これも一度ご見学頂きたく、お誘いを申し上げます。

    “結”   亭主   倖三


次回の日程:2013.2月22日18:30〜21:00位
  会場: “結” 東京都練馬区
  最寄駅: 地下鉄・有楽町線+副都心線(2線乗り入れ)
        「氷川台」駅 下車 徒歩4分
 
 →お問い合わせはこちらまで

  * 宣伝をさせて下さい。
  「包丁人の季語日記」を“読んでみてやろうかなぁ”と
   いう方、どうぞメールを下さい。 お送りします。
  (送料無料)
   自分でいうのもナンですが、面白いと、沢山の方に
   読んで頂いています。アマゾンや書店でも買えますが、
   どうぞ当方へ

関連する記事

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

倖三の本

こちらもどうぞ

ブログ内を検索

モバイル版はこちら

qrcode